ブッククラブ おはなしちょうだい

ブッククラブおはなしちょうだいは、子どもたちに豊かなことばとよい本に出会ってほしいと企画されたブッククラブです。絵本の第一人者の企画・選書によるブッククラブです。

メインイメージ
画像
ことばの発達と本との出あい
子どもは本で世界を発見していきます。本と人生最初の出会いをする手助けを。
画像
どんな本が送られてくるの?
各コースごとの本の紹介ページです。配本リストから一部をピックアップ。
画像
どのコースを選べばいいの?
年齢をひとつの目安に無理なく、しかも親子で楽しめるコースを設定しました。

ブッククラブおはなしちょうだいについて

はじめに

画像
子どもたちに、豊かなことばとよい本やお話に出会ってほしい、とこのブッククラブは企画されました。どうかあなたの子どもにあったコースを選び、月々届けられる本やお話を親子で楽しんでください。お届けする本にはどんな楽しみようがあるのか、毎回、そのヒントをお伝えします。 わたしたちは、長年、図書館や家庭文庫で子どもたちと深い交わりをしてきた者たちです。みなさまのお仲間としてお役に立てればと思います。


私も、ブッククラブおはなしちょうだいをお薦めします

画像
我が子のために絵本を選び読んでやるのが親の務めです。そこから子どもたちは生きる歓びを感じとり、人生を過たずに歩き始めます。見事な選書でその親のパートナーを務めるのがこのブッククラブです。心から応援します。
児童文学作家 斎藤惇夫氏
代表作「冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間」(岩波書店)
      「グリックの冒険」(岩波書店)など


画像
一冊で赤ちゃんから老人まで魅了する絵本もあります。人種や暮らし方の違いも無関係。絵本こそ子どもと大人、大人と大人を結び、時には自分自身とも向き合う最高の世界文化遺産。このブッククラブはその入り口です。
新潟大学名誉教授
前新潟青陵大学大学院教授 間藤 侑氏

ブッククラブおはなしちょうだい 企画・選書にあたる者たち(あいうえお順)

  • 伊藤美智子
    新潟県立大学などで児童文学を教え、わらべ歌の指導や、昔話の語り手としても活躍、家庭文庫「野いちご文庫」のおばさん。
  • 大矢美智子
    長年、学校図書館司書をつとめたあと、現在はNIC木戸えほん館司書として、親子で絵本を楽しむホットな場所で活躍中。
  • 藤田陽子
    公立図書館の司書として、それぞれの子どもにふさわしい本の橋渡しをしようと懸命。
  • 眞壁葉子
    もと新潟市の幼稚園長、いまも幼い子どもたちと絵本やお話を楽しんでいる。
  • 眞壁伍郎
    妻とともに、40年あまり家庭文庫「野の花文庫」を開いている。新潟大学名誉教授。
  • 若佐久美子
    もと新潟市の図書館長で、家庭文庫「野いちご文庫」を開いている児童文学のベテラン。

Menu

画像
ブッククラブおはなしちょうだいに関する、ご不明な点があればまずこちらを
画像
ブッククラブに入会する方法を説明します
画像
お気軽にお問い合わせください。会員の方からのお便りもこちらから
ブッククラブおはなしちょうだいスタッフのブログ
ブッククラブおはなしちょうだい月報-おったとさ-バックナンバー
ブッククラブおはなしちょうだい事務局に届いたお便りご紹介

更新情報

2016-12-01
サンタクロースプロジェクト2016
2016-10-06
ブッククラブスタッフのツイートより、かこさとしさんコーナー
2016-10-06
ブッククラブスタッフのツイートより、鈴木ノリタケ&ヨシタケシンスケさんフェア
2016-09-16
ブッククラブスタッフのツイートより、はらぺこあおむし日本刊行40周年
2016-09-16
ブッククラブスタッフのツイートより、夜空をみあげよう


RSS FEED

画像 RSS 新着情報


画像

携帯サイトへのQRコードです


メディア情報

  • テレビ
  • 夕方ワイド新潟一番3月28日放送分(TeNYテレビ新潟)
    お昼はじょんのびくらし情報便6月14日放送分(NHK総合・新潟)
  • 雑誌
  • 月刊にいがた 2011年11月号
    月刊新潟Komachi 2012年2月号
    月刊キャレル 2012年2月号
    ひよこクラブ 2012年3月号
    新 幼児と保育 2012年3月号
    Pas magazine Kids Life’16
  • 新聞
  • 新潟日報 2011年11月29日発行

リンク