ブッククラブ おはなしちょうだい

ブッククラブおはなしちょうだいは、子どもたちに豊かなことばとよい本に出会ってほしいと企画されたブッククラブです。絵本の第一人者の企画・選書によるブッククラブです。

楽しみは、これから

2014-11-20

赤とんぼ
猛暑のあとのやや涼しい季節を迎えました。子どものころよく、赤とんぼの飛ぶのを見て、何となく秋だなあと思ったことがあります。自然が今よりももっと身近だったころの思い出として、だれもが心の片隅にいだいている季節の風景なのでしょう。

ドイツの小学校の子どもたちが、「赤とんぼ」の歌をうたうから、その歌詞の意味を教えてほしいと、長年ドイツに住んでいた、筆者の兄のところに問い合わせがありました。子どものころからよく知っている歌ですから、その意味も簡単に説明できると思いきや、「おわれてみたのはいつのひか」で、兄はつまづいてしまいました。自分がトンボになって、子どもたちに追い回されているものとばかり思っていたのです。今のようにメールもなく、国際電話も高くてかけられないころのことです。航空便で、確認の問い合わせがあり、ほんとうはこうだよ、と知らせてやりました。

こうして、歌詞はドイツ語でも訳され、「赤とんぼ」は、小学校の子どもたちが日独、両方の言葉でうたえる、愛唱の歌となったそうです。

心に残るものとは、そういうものなのでしょう。意味や理屈がわかって、それを愛しているわけではないのです。父や母がうたってくれ、兄弟でも口ずさんでいたことが、心のふる里となってくれていたのです。50年以上もドイツに住んで、昨年亡くなった兄が、病床で最後までくりかえし聞いていたのが、この「赤とんぼ」と「さくらさくら」でした。

いまわたしたちは、どんな歌を子どもたちにうたってあげているのでしょうか。「赤とんぼ」もいいですね。

Menu

画像
ブッククラブおはなしちょうだいに関する、ご不明な点があればまずこちらを
画像
ブッククラブに入会する方法を説明します
画像
お気軽にお問い合わせください。会員の方からのお便りもこちらから
ブッククラブおはなしちょうだいスタッフのブログ
ブッククラブおはなしちょうだい月報-おったとさ-バックナンバー
ブッククラブおはなしちょうだい事務局に届いたお便りご紹介

更新情報

2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、アンダーアース・アンダーウォーター
2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、クリスマスのおばけ
2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、2016年新刊Xmas絵本コーナー
2016-12-01
サンタクロースプロジェクト2016
2016-10-06
ブッククラブスタッフのツイートより、かこさとしさんコーナー


RSS FEED

画像 RSS 新着情報


画像

携帯サイトへのQRコードです


メディア情報

  • テレビ
  • 夕方ワイド新潟一番3月28日放送分(TeNYテレビ新潟)
    お昼はじょんのびくらし情報便6月14日放送分(NHK総合・新潟)
  • 雑誌
  • 月刊にいがた 2011年11月号
    月刊新潟Komachi 2012年2月号
    月刊キャレル 2012年2月号
    ひよこクラブ 2012年3月号
    新 幼児と保育 2012年3月号
    Pas magazine Kids Life’16
  • 新聞
  • 新潟日報 2011年11月29日発行

リンク