ブッククラブ おはなしちょうだい

ブッククラブおはなしちょうだいは、子どもたちに豊かなことばとよい本に出会ってほしいと企画されたブッククラブです。絵本の第一人者の企画・選書によるブッククラブです。

楽しみは、これから

2012-06-07

どうぞよろしく

お届けする本を手にして喜んでいる子どもの姿を思い浮かべながら、このはじめてのお便りを書いています。
月ごとにお届けする本が、どうか子どもさんだけでなく、いっしょに楽しんでくださる、お父さんやお母さん、そしておじいちゃんやおばあちゃんにもよい宝になりますようにと願っております。
ぜひこれだけは、幼いうちに出あってほしいと選びぬかれた本だけをお送りいたします。もしかして、いまはやりの派手な色鮮やかな本でないことにがっかりなさるかもしれません。でもご安心ください。子どもたちは、よい絵本であればあるほど、自分の心でそれを奥行きのある、深い彩りのある世界に見立てて楽しんでくれるのです。
スイスのブックスタートの本に、こんなすてきな言葉が記されていました。
「子どもは、飢え、また渇いています。お日さまと雨と、やさしさとあたたかい愛がほしいのです。だれかが自分と話をし、耳をかたむけてくれるのを求めています。いのちのはじめから、子どもはあなたの声をききわけ、まわりの音をきいています。あなたがお話を語ったり、歌をうたってやれば、子どもは喜んで耳をかたむけます。子どもは、あなたという人を知り、そして自分でも単語をおぼえて、ことばを語りたいのです。
1冊の本と絵とお話、これでもうあなたは子どもといっしょに、冒険の旅にでる用意ができました。本が、ことばとファンタジーが織りなす広い世界を発見する旅のよい道づれになってくれます。こうして、あなたとあなたの子どもの間にいま起こっていることが、その子の長い人生を支える根になるのです。」
さあ、それでは、それぞれのコースの「これがお楽しみのポイント」をご一読ください。

Menu

画像
ブッククラブおはなしちょうだいに関する、ご不明な点があればまずこちらを
画像
ブッククラブに入会する方法を説明します
画像
お気軽にお問い合わせください。会員の方からのお便りもこちらから
ブッククラブおはなしちょうだいスタッフのブログ
ブッククラブおはなしちょうだい月報-おったとさ-バックナンバー
ブッククラブおはなしちょうだい事務局に届いたお便りご紹介

更新情報

2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、アンダーアース・アンダーウォーター
2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、クリスマスのおばけ
2016-12-16
ブッククラブスタッフのツイートより、2016年新刊Xmas絵本コーナー
2016-12-01
サンタクロースプロジェクト2016
2016-10-06
ブッククラブスタッフのツイートより、かこさとしさんコーナー


RSS FEED

画像 RSS 新着情報


画像

携帯サイトへのQRコードです


メディア情報

  • テレビ
  • 夕方ワイド新潟一番3月28日放送分(TeNYテレビ新潟)
    お昼はじょんのびくらし情報便6月14日放送分(NHK総合・新潟)
  • 雑誌
  • 月刊にいがた 2011年11月号
    月刊新潟Komachi 2012年2月号
    月刊キャレル 2012年2月号
    ひよこクラブ 2012年3月号
    新 幼児と保育 2012年3月号
    Pas magazine Kids Life’16
  • 新聞
  • 新潟日報 2011年11月29日発行

リンク